院長・副院長紹介

院長紹介

ごあいさつ

院長 重城 利國

こんにちは。重城産婦人科小児科、院長の重城 利國です。
生まれ育った土地である木更津に開業し、数々の生命誕生の瞬間とご家族さまの感激の涙、笑顔に立ち会えますこと、心より感謝しております。
当院で産声をあげられたお子さまが、やがて成人し出産する。そういった場面を、幾度も経験いたしました。これも一つの土地で長きにわたり医業を営んでこその醍醐味と感じております。
出産や育児を取り巻く環境は、時代につれて刻々と変化しています。
しかし、子どもを産み育てることは、人間にとって普遍的で喜ばしい体験であると私は信じております。
重城産婦人科小児科は、産婦人科医である私と小児科医である妻、そして経験豊かなスタッフ陣が、皆さまの妊娠から出産、成長までを見守る万全の体制を築いています。
医師やスタッフは、皆さまの人生のお手伝いをする脇役にすぎません。
お母さまが主役として輝く、「出産」という人生の大舞台。そのお手伝いを私達にお任せいただけるなら、これほど嬉しいことはありません。
不安なこともたくさんあるかと思いますが、どうぞお気軽にご相談ください。

経歴

院長 重城 利國(産婦人科担当)

1971年 群馬大学医学部卒業
1978年 群馬大学医学博士授与
1980年 キール大学産婦人科(西ドイツ)留学(婦人科内視鏡研修)
1971年 群馬大学医学部附属病院 医員(主に内分泌研究)
1972年 群馬中央合病院 産婦人科 医員 公立館林厚生病院にて研修
1973年 榛名女子学院(法務省) 医務課長
1974年 群馬大学医学部 助手
1978年 伊勢崎市民病院 医長
1979年 群馬大学医学部 講師
1980年 高崎総合医療センター 医長(婦人科がん治療に従事)
1987年 群馬県済生会前橋病院 産婦人科部長(内視鏡、体外受精)
重城産婦人科小児科開業

副院長紹介

ごあいさつ

副院長 重城正枝

こんにちは。重城産婦人科小児科、副院長の重城 正枝です。
当院の特長は、産婦人科医と小児科医が連携を取りながら診療にあたっていることです。普通、出産入院中の回診や1ヶ月健診は産婦人科医による診察が行われます。しかし、当院では小児科医である私が担い、生まれてすぐのお子さまの健康面を専門的な見地から見守っています。
また、当院では母乳育児を推奨しております。お母さまが自信をもって赤ちゃんにおっぱいをあげられるように、小児科専門医としてお子さまの健康状態を丁寧に確認しながら指導しております。
育児は、時に孤独に感じることもあります。また、自分らしい育児をしたいのに周囲の意見やインターネットの膨大な情報により、何が正しいのかわからず不安をあおられる場面もあるでしょう。そのような時には、育児の先輩であり小児医療の専門家にお気軽に相談いただければと思います。
当院は、思春期を迎えられ、心身ともにデリケートな女の子からの相談も得意としております。月経の悩みを持っているけれど「婦人科は苦手だ」と感じている方は、まず小児科医の私に相談してみませんか。

経歴

副院長 重城 正枝(小児科担当)

1975年 群馬大学医学部卒業
1975年 群馬大学 小児科教室(研修:主にアレルギー)
1976年 桐生厚生病院、群馬中央総合病院
国立足利療養所(研修:染色体について)
1980年 国立高崎病院小児科
重城産婦人科小児科開業

医師

重城 真智

産婦人科医の重城 真智です。
今は、2人の子供を育てながら、産婦人科医として勤務しております。
女性の悩みは多岐にわたり、誰にも相談できないことも多くあると思いますが、気負わず気軽にご相談いただきたいと思います。私自身の経験も踏まえながら、不安なく妊娠・出産ができるようお手伝いさせていただきます。女性医師の診察をご希望の場合は、お気軽にお申し付けください。

経歴

2005年 群馬大学医学部医学科卒業
2005年 千葉大学医学部附属病院
2006年 船橋中央病院
2007年 東京大学産科婦人科(不育病外来)
2008年 帝京大学ちば総合医療センター
2010年 JR東京総合病院
2011年 重城産婦人科小児科

お問い合わせはお気軽に

巖根駅徒歩5分にある「重城産婦人科小児科」です。
妊娠から出産は、産婦人科医の院長・重城利國が、
新生児期から小児期は、小児科医の副院長・重城 正枝が担当しています。

pagetop